株式会社アド・ダイセン AD:DAISEN 株式会社アド・ダイセン AD:DAISEN Recruit

image
若手のホンネ座談会 image

「昔のこと」「今のこと」「未来のこと」
若手社員に、いろいろと
語ってもらいました。

林祐也

林祐也

営業本部<担当>
旅行・ホテル・百貨店 etc

日比舞佳

日比舞佳

CS本部<担当>
営業事務

下林亮太

下林亮太

営業本部<担当>
大学・通販・ケーブルテレビ etc

田中聖人

田中聖人

営業本部
<担当>
生活用品卸売業・繊維製品卸売業 etc

Start Discussion image

入社を決めた理由について image

司会

本日はお集まりいただき、ありがとうございます。今回の座談会は、若手社員が主役です。いくつか質問を設定していますので、それらについてお答えいただき、自由に語り合っていただければと思います。まずは、入社の動機ですが、林さんからお願いします。

私は、マスコミ関係を専攻していたので、新聞社やテレビ局など、マスコミ・広告業界に絞って就職活動をしていました。しかし、なかなか希望通りに決まらない。そんな負の連鎖が続いていたなかで、アド・ダイセンと出会いました。内定をいただいたときに感じたのは、大げさかもしれませんが運命という言葉。それが入社を決心したときの正直な気持ちですね。

下林

林さんのように業界に対して強いこだわりは持っていませんでした。数社から内定をいただいていましたが、最終的にここを選んだ理由の背景には、面接での出来事があります。

もしかして長くなる?

下林

ええ、少し。

じゃあ、続けて。

image

<笑

下林

当日は、準備不足で思いついたことを即答する、というような状況。ようやく最後の質問となり『最近読んだ本はなんですか?』と聞かれました。脳をフル回転させましたが、とっさに出たのが「ワンピース」でした(笑)。

image

<笑

下林

面接官のかたから続けざまに『それはどんな物語ですか?』と聞かれたので『はい。ルフィという主人公がおりまして』と口ではストーリーを語りながら、頭のなかでは、不採用を確信していました。しかし、なぜか最終面接に進むことができたのです。

コミュニケーション能力を評価されたと思うけど、質問は、本だよね?マンガで返すのはどうなんだろう。

image

<笑

下林

私自身も結果に驚いています。その経験から、この会社なら自分を飾らずに働けると感じました。入社後もその考えにギャップはありません。

日比

下林さんと近いです。私の場合は、面接のために準備した回答やプロットを意識せずに、自然体で質問に答えることができました。面接官のかたがたの雰囲気が自分にフィットしたとも言えます。“人”の印象が決め手ですね。

田中

私も同じです。アド・ダイセンを含め数社から内定をいただき、どの会社に入ろうかと悩んでいましたが、説明会や面接で接した人の雰囲気がとてもよかった。先輩社員や同期とも話してみて、ここならやっていけると感じました。

image image image

印象に残っている仕事について image

司会

次は、印象に残っている仕事を教えてください。

初めて受注した新規の仕事ですね。電話でのアポ取りから、企画・提案・アフターフォローまで営業が担うすべての業務を一人でやり遂げました。いいお返事をいただくまでに1年近くかかりましたので、商談が成立したときの喜びは今でも忘れられません。

下林

私も新規開拓に成功したときは本当にうれしかったです。同期が入社1年目から結果を残すなか、まったく契約を得られず、悔しい気持ちでいっぱいでした。初めての受注は2年目に入ってすぐの頃。今でもお付き合いが続いているので、私にとっては特別なお客様です。

田中

電話でアポを取ってから客先へ訪問するのが主流ですが、1年目の8月に飛び込み営業を行い、新規契約につなげました。もちろん、そのあとは、先輩にフォローしていただきましたが、担当するお客様ができたことに喜びを感じました。アド・ダイセンの“顔”になるという責任感も芽生えた経験です。

日比

私の場合は、先輩が8月から産休に入られるということで、5月の配属からわずか3カ月間で、折込広告の手配業務を覚えたことですね。期日が決まっていたので、関連する専門用語などを猛勉強しました。1年目で、担当する仕事のすべてを一人で回せるようになりましたが、先輩がたから受けたフォローには感謝しています。

アド・ダイセンのいいところの一つとして、田中くんと日比さんが言っていたように、先輩が新入社員をがっちりフォローする企業文化が根付いています。たとえば、これは営業部門だけですが、新入社員に“成功”を体験させる教育方法があります。特徴的なのは、それを本人に伝えないこと。田中くんも経験した?

田中

はい。自分としては一人で仕事を動かしていると思い込んでいましたが、実際は、違いました。業務の抜けや漏れは、先輩が裏で解決してくれていたのです。ひと言も言っていただけないので、こちらはミスにまったく気づきません。その仕事が完結したあと、すべてを知ることになるのですが、復習として事細かく教えていただき、業務全体の流れをスムーズに理解できました。

会社としても1年目は学びの期間と位置づけているようですから、失敗を恐れて萎縮する必要はありません。むしろ、これから入社されるかたには、積極的にどんどんチャレンジしてほしいですね。

image image

アド・ダイセンの現場について image

司会

アド・ダイセンは今、活気がありますか?

入社してから5年目になりますが、つねに前進しているという印象です。ダイレクトマーケティングを基軸とした広告代理店としての基盤の強化を図るなか、新しい商品・サービスが毎年生まれ、提案の幅も広がり続けています。たとえば、GISマーケティング。管理はCS部だよね。

日比

はい。

ちなみに、なんの略だっけ?

日比

ジオグラフィック・インフォメーション・システム。地理情報システムです。

さすが!

image

<笑

昨年、下林くんと日比さんが、GISの案件を動かしていたけど、その経緯は?

下林

ある既存のお客様に提案しましたが、あまり興味を持っていただけませんでした。ですが、そのお客様からGISについて詳しく知りたいという新規のお客様を紹介していただき、実際に導入していただきました。新しい提案ができたことは今後の自信につながるだけでなく、お客様との結びつきがいかに大切かを学ぶ経験にもなりましたね。

田中くんの得意分野は、やはり飛び込み営業かな。

田中

皆さんは電話でのアポ取りを基本とされていますが、私は、資料を持って、直接会社へ訪問します。そのスタイルのほうがやりやすいですね。

すごいのは、結果を残していること。飛び込みで仕事を取れる営業マンはほとんどいない。

日比

田中さんの果敢な営業スタイルはCS部でも有名です。

image

<笑

田中

1年目は時間ができると積極的に飛び込み営業を行っていました。エリアを定め、あとは自分でつくった訪問先リストに沿って飛び込むだけ。その移動中にDMを扱っていそうな企業様を見つければふらっと立ち寄ることもありましたね。

私は、絶対に飛び込み営業はしない。必ず電話をするタイプ。反応が少しでもあれば、資料を届けに行く。そのときに担当者様に会えればラッキー。会えなくてもOK。接点づくりがまずは大事かと。

下林

ちなみに、第一声は?どうやって話のきっかけをつくるの?

田中

特別なことはしていません。『セールスプロモーションで、お困りごとはないですか?』だけです。あとは、名刺を交換して、お客様の話を聞いて、それに合う提案をしています。

キャラクターで得をしているのかな?ほんまにすごい。

image

<笑

image

求める人材像について image

司会

アド・ダイセンが求めている人材は?

何ができるというよりは、何をやりたいかをしっかり持っている人だと思います。また、面接を通る学生さんを見ていると、基本的に会話が上手。物怖じしない性格とも言い換えられますね。

下林

会話をつなぐチカラは大事だと思います。営業は特にコミュニケーション能力が必須です。

田中

自発的に考え、積極的に行動できる人ではないでしょうか。

日比

この会社には、いろいろなタイプのかたがいるので、一概には言えません。でも、営業の皆さんは、遊ぶのが好きですよね?

頭の切り替えが早いと言って。

image

<笑

CS部に限って、あえて言えば?

日比

事務方ですから、やるべきことは、きっちりやりきれる人でしょうか。あと、営業の皆さんに日程をきっちり守っていただくため“手綱”を握る役目もあります。

だからCS部は恐い。

日比

恐くないですよ!

image

<笑

結構、怒られる(笑)。

下林

次は私が怒られるみたいな(笑)。

image

<笑

日比

周りには、気さくなかたが多いですし、働きやすいのは確かです。女性の視点から言えば、産休・育休などの社内制度も充実しているのがうれしい。営業担当の女性の皆さんも第一線で活躍しています。

アド・ダイセンは、女性が元気な会社。人間関係もフランクだと思う。

田中

優しい先輩がたくさんいますし、後輩としては相談もしやすい。仕事終わりは飲みにも誘ってもらいます。

下林くんは、よく断るけどね。

下林

それは・・・。

image

<笑

image image

夢や目標について image

司会

最後に、ご自身の夢や目標をお願いします。それでは林さんから。

大阪の20代では、私が最年長です。なので、アド・ダイセンの20代を引っ張っていきたいという強い気持ちがあります。自分の強みを発揮し、全力で働き、会社をもっと大きくしたいですね。

下林

林さんは熱いタイプです。新入社員のころからいろいろと目をかけていただいて、会社の将来について語り合ったこともあります。一年目・二年目の途中までは、目の前の仕事を回すのに必死で、正直そういうことは想像すらできませんでした。しかし、今は、自分自身のレベルアップを図りたいと考えています。これから入ってくる新入社員のかたがたを引っ張っていける、そういう人材になりたいですね。

日比

CS部は、営業部門を支えるのが仕事です。営業の皆さんがやりたい・挑戦したいと思っていることを、忙しいという理由から、できなくなるのが私にとっては一番つらい。がんばっている人たちがうっかりミスをしないようにサポートしていきます。皆さんは、凡ミスが多々あります。資料の日付が昨年のままになっているとか。

スミマセン。

image

<笑

日比

あと、今年から仕事の範囲が広がり、同封・同梱広告の手配業務も担当しているので、仕事を早くマスターしたいです。

頼もしい。2年目の新人とは思えない。

日比

よく言われます。

image

<笑

田中

私は、若さを活かした勢いを武器に、新規開拓はもちろん、新しいサービスの提案活動にも挑戦していきたいです。

アド・ダイセンは社員のチャレンジを応援する会社。上司のかたがたは見てくれていますから、全力で仕事に取り組めば必ず報われると思います。田中くんはコメントが少ないようだけど、ほかには?

田中

後輩を引っ張ります。

ウソっぽいなあ。

image

<笑

司会

アド・ダイセンの社風が伝わってくる楽しい座談会でした。皆さんの今後のご活躍を期待しています。
本日は、お忙しいなか、ありがとうございました。

image image image

本記事は2016年1月に取材したものになります。

このページのトップへ

ABOUT US

Recruit