株式会社アド・ダイセン

●ハガキサイズからカタログサイズまで、様々な包装手段に対応できる完全自動システムを導入しています。たとえば、中身を見せて開封率を上げるポリラッピングシステムは、雑誌やカタログ、PR誌などを透明ポリフィルムでラッピングすると同時に宛名をラベリング。最高毎時12,000通を高速処理できます。また、定型封筒などに何種類もの請求書や案内書を入れる場合は、自動封入機(インサーター)で最大6点まで封入でき、厚みや重量、番号検知システムなどで、二重出しや未出しのチェックを行います。

●コンピュータで打ち出した宛名ラベルを毎時30,000部のスピードで高速貼付するオートラベリングシステム、DMツールに直接宛名やメッセージを印字するインクジェットシステムなどもあります。すべてのシステムにおいて、迅速にしかも確実な封入を行うためのチェック機能を充実させていますので、安心しておまかせください。

●エンドユーザーに応じて、数種類の封入物の中から必要なものだけを選んで封入する選択丁合い機能付き封入機なら、同封物の違うDMを一度に処理することもできます。